セルフタンニング おすすめナビ!

セルフタンニング塗り方

日光に浴びることがなく肌ダメージがない日焼けがとても話題になっています。これはセルフタンニングといって、ローションやクリームを使った日焼け方法となります。セルフタンニングによる小麦色の肌付くなら、肌にダメージを与えることもありません。

 

◆セルフタンニング塗り方

 

セルフタンニングでの理想的な肌色にするための塗り方としては、2〜3日ごとに1回の割合で塗り重ねていく方法がおすすめになります。ちなみに、このセルフタンニングの場合、ローションを肌に塗ってから1〜2時間程度の短時間で肌に色を付けることが可能となります。
要は、皮膚の角質層に薬剤を使って理想の小麦色の肌色にすることができるんですね。

 

セルフタンニングを塗る時の注意点としては、あらかじめ、色を付けたい部位を洗って清潔にしておきましょう。薬剤が手につきますので、ビニールの手袋を付けて行うといいですね。

 

手のひらまで色を付けたいと言う方は、少なめにとってそれを指の腹を使って丁寧に伸ばしていきましょう。

 

全体的に始めは少し薄めに付けていき、その後数回にわたって重ね付けすると色ムラを防ぐことができますよ。
ちなみに、使用をやめれば2〜3日で垢となって肌から取れてくれますよ。

 

 

◆セルフタンニング塗り方〜上手く塗るコツ

 

まず、手の平に薬剤がつかないようにするには、ビニールの手袋を付けて塗るようにするといいんですが、できるだけ色ムラを避けるためには、少しづつ付けるのではなく、ある程度いっきに塗る方がいいかもしれませんね。コットンやスポンジを使った塗り方がキレイに付くと言った口コミも多いのですが、以外と色ムラの原因になるといった方も多いんですね。あなたなりの塗り方を見つけてみてください。
ちなみに、元の肌がかなり色白の方の場合、特にフェース、デコルテ、胸元などは気合いを入れないと、小麦肌には近づけないようです。

 

 

◆セルフタンニング塗り方〜色ムラができにくいローション

 

ネット限定販売の≪ブロンズターナー≫がとても人気を集めています。皮膚科医師も推奨しており、また、ブロンズターナーは国産のセルフタンニングローションなので、安心して使用できますね。

 

無色透明なので色ムラも出にくく、ブロンズターナーを肌に付けるだけで、ヒリヒリ感といった肌ダメージなどの紫外線から受けるダメージの心配がありません。

 

また、セルフタンニングは独特なニオイがネックですが、ブロンズターナーはこの不快なニオイを抑える事を重視しているので、快適な小麦肌が目指せますね。是非、試してみてください。