セルフタンニング おすすめナビ!

セルフタンニング ローション 100

ユニセックスとして使用できますセルフタンニング ローション 100は、あっという間に小麦色のお肌を作れると人気があります。そこで、セルフタンニング ローション 100の商品と特徴についてご紹介したいと思います。

 

 

◆セルフタンニング ローション 100 〜 上手く塗る方法

 

肌に日光を浴びることなく、自宅で手軽に肌色を変えることができるとあって、とても魅力的なセルフタンニング ローション 100 ですが、どしても元の肌との色ムラが出てしまいます。そこで、セルフタンニング ローション 100をムラなく上手く塗るコツとしては、ファンデーションを付ける時の大きめのスポンジを使うと、色ムラが出にくくてキレイに肌に薬剤を付けることができますよ。その際には、ひざ・ひじ・くるぶしといった部位は色がつきやすいため、それ以外の部分から付けていきましょう。後で全体の色合いを見ながら薄めに付けるといいですよ。

 

 

◆セルフタンニング ローション 100〜特徴

 

セルフタンニング ローション 100は、他のセルフタンニングとは違って、塗るだけで素早く小麦色のお肌に変えることができるとあってとても人気があります。まるで、海外のビーチで焼いたかのようなブロンド色のお肌が作れます。とても不思議なセルフタンニングローションなんですよ。
直接お肌を紫外線にさらしメラニンを生成することもありませんから、肌へのピリピリした刺激もありません。肌老化の心配もありませんし、シミやそばかすができることもありません。肌表面の角質層のタンパク質の部分のみを染めていきますので、元の肌に戻したい時は、3〜7日程度で戻せます。
メラニン色素を刺激することもなく、季節に関係なくブロンズ肌が楽しめますよ。
ちなみに、セルフタンニング ローション 100なら、乾燥肌〜オイリーまでと肌質を選ぶことなくオールマイティに対応ができます。

 

 

 

◆セルフタンニング ローション 100〜メリット&デメリット

 

・メリット
ローション 100のセルフタンニング ローションには、うるおい成分のアロエベラエキスが配合されているので、肌に優しい製品になっています。無色素・オイルフリーなのも嬉しいですよね。
また、肌に付けてから数時間後には見事に色が付いてくれますので、とても楽に小麦色を目指せます。

 

 

・デメリット
口コミなどでも、付けた後の肌乾燥が気になるといった方がいます。乾燥肌の方は、使用後にもボディーローションを併用して使うようにするといいですね。また、紫外線からの肌老化が予防されても、製品の薬剤が肌に負担をかけないのかといった心配をされている方もいるようです。

 

 

そこで、皮膚科のドクターが推進している国産のセルフタンニング ローションがとても話題を呼んでいます。
お値段もとてもリーズナブルなので、安心して継続して使用できますよ。